魚沼映画の専門店Vol.142「妻への家路」

NoPhoto

第67回カンヌ国際映画祭特別招待作品

巨匠スティーヴン・スピルバーグを感服させ、カンヌ国際映画祭、トロント映画祭をはじめとする13の映画祭でも、万感込められた拍手に称えられた感動作

 
 1977年、文化大革命が終結。20年ぶりに解放された陸焉識(ルー・イエンシー)は妻の馮婉玉(フォン・ワンイー)と再会するが、待ちすぎた妻は心労のあまり、夫の記憶だけを失っていた。焉識は他人として向かいの家に住み、娘の丹丹(タンタン)の助けを借りながら、妻に思い出してもらおうと奮闘する。
収容所で書き溜めた何百通もの妻への手紙をくる日も彼女に読み聞かせ、帰らぬ夫を駅に迎えにいく彼女に寄りそう。夫の隣で、ひたすら夫の帰りを待ち続ける婉玉。果たして、彼女の記憶が戻る日は来るのか──?

 

3月23日(金)     19:00
3月24日(土) 10:00 14:00 19:00
3月25日(日) 10:00

14:00

 

詳細情報

開催日 2018年3月23日(金)
2018年3月24日(
2018年3月25日(
会場魚沼市小出郷文化会館 小ホール
入場料金一般 1,000円
友の会会員・学生・シルバー他 800円

【全席自由】
主催魚沼市小出郷文化会館
主管 魚沼映画の専門店