栗コーダーカルテット&吉沢実 サロンコンサート

NHK「ピタゴラスイッチ」テーマ曲ややる気のないダースベイダ―でおなじみの栗コーダーカルテット。NHK「ふえはうたう」や「趣味悠々」で講師を務めた吉沢実先生による、魚沼限定スペシャルコンサート。大人から子供まで楽しめます!!

栗コーダーカルテット 吉澤 実

出演者プロフィール

栗コーダーカルテット
 1994年結成。現在のメンバーは、栗原、川口、関島の3人。一聴するだけで「あの音だ!」とわかる唯一無二のサウンドは、NHK Eテレ「ピタゴラスイッチ」などでもお馴染み。テレビやラジオでその音楽を耳にしない日はない。映画、テレビ、CMへの楽曲提供を含め、参加CDは100を超える。2005年にカバーしたスター・ウォーズ「帝国のマーチ」(通称「やる気のないダース・ベイダーのテーマ」)のヒット以降、ウクレレや身近な楽器を使った脱力系バンドという側面がクローズアップされ、メディアで取り上げられることもしばしば。近年は全国のコンサートホールなどで年間100本を超える公演を行い、あらゆる世代から歓迎されている。
 過去の共演アーティストは、春風亭昇太、あがた森魚、谷山浩子、吉澤実、THE SUZUKI(鈴木慶一+博文)、竹中直人、原マスミ、UA、遊佐未森、GOING UNDER GROUND、湯川潮音、おおはた雄一、ハンバート ハンバート、Lonesome Strings、たま、渋さ知らズオーケストラ、ビューティフルハミングバードなど幅広い分野に渡る。
 2012年、全篇に渡って映画音楽を取り上げた「ウクレレ栗コーダー2」、2013年、唱歌・童謡を温かく、かつシンプルにアレンジした「あの歌この歌」をリリース。2014年6月に20年間を俯瞰した2枚組CD「20周年ベスト」を発表。2014年7月に結成20周年コンサートを渋谷公会堂にて開催した。
 2011年、2012年のヨーロッパツアーに続いて、2013年にはタイ、ベトナム、ラオス、ミャンマー4ヶ国6都市のアジアツアーを敢行。 2015 年より 国際交流基金の助成を得て、栗コーダー&フレンズとして日アジア6カ国との3 年計画の文化交流プロジェクトを開始。各国のアーティストとの共演も行っている。
 2016年、3月に各国でも評判の「おさるのかごや/砂山」のシングルを栗コーダー&フレンズ名義でリリース。9月に谷山浩子とのコラボレーションアルバム「ひろコーダー☆栗コーダー」をリリース、好評を博している。。
http://www.kuricorder.com/

吉沢 実
 武蔵野音楽大学を卒業後、ザルツブルク・オルフ研究所を修了(DAAD)。モーツァル テウム音楽大学リコーダー科をソリスト・ディプロマを得て卒業(オーストリア政府 スカラシップ)。フルートをヘルムート・ツァンガレ、リコーダーをフェリチタス・ ケールドルファー、ワルター・ヴァーグマン、古楽演奏法・音楽学をニコラウス・ アーノンクールに師事。
 モーツァルテウム管弦楽団、オーストリア現代音楽アンサンブルのフルート奏者を勤 め、ザルツブルク現代音楽祭ASPEKT、ヘルベルト・フォン・カラヤン、ルドルフ・ヌ レエフの公演に参加する。
 帰国後11年間、NHK教育TV「ふえはうたう 」(1986~1997)講師。 NHK・TV「趣味悠々」(2001.2009)講師。 文部科学省・法務省主催講座講師、ウィーン音楽大学モーツァルテウム音楽大学 客員講師、慶應義塾幼稚舎、横浜国立大学 非常勤講師を経、現在、武蔵野音楽大学東京芸術大学 非常勤講師。 NHK・TV「五輪の書」・「ヒミツのちからんど」・「スタパDEライブ」・「うたって ゴー」・「ムジカ・ピッコリーノ」NHK「ラジオ深夜便」・「FM名曲リサイタル」、「題名のない音楽会」、映 画「仰げば尊し」・「スマグラー」・「ぱいかじ南海作戦」、アニメ「カイカイキキ」「あず きちゃん」他、多くのTV・CM等の録音、JICAや海外NGO で活動。 CD、DVD、VTR、他、 著書は「絶対!うまくなるリコーダー100のコツ」(YAMAHA Music Media)、小・中・高等学校音楽教科書(教育芸術社)など50冊を超える。静岡県芸術文化奨励賞受賞。

詳細情報

開催日 2018年6月9日(
開場14時30分
開演15時00分
会場魚沼市役所 湯之谷庁舎 3階食堂(旧湯之谷村議会議場)
入場料金前売り一般2,000円
前売り高校生以下1,000円
※当日は各500円増し
※母子手帳をお持ちの妊婦さんは無料
主催魚沼市小出郷文化会館
NPO法人魚沼交流ネットワーク
共催魚沼市
魚沼市教育委員会